札幌 デイサービス

介護保険とは

介護保険とは簡単に言いますと、「介護を必要とする高齢者の介護にかかる負担を社会全体で支援する為の保険制度」です。


介護を必要としている人が日常生活を送れるよう介護や支援サービスを、当人や家族の負担を減らして受けることができるようにする社会を作るための制度が介護保険なのです。

 


被保険者とは

介護保険制度を利用する人のことを被保険者といいます。介護保険は高齢であれば、誰でも受けられるというわけではありません。まず制度を利用しようとする人が自分の住民票のある地域に住んでいることが条件になります。


次に介護保険料を支払っている必要があります。また高齢者とひとくくりに言いましても年齢による制限(第1号被保険者、第2号被保険者)がありますし、さらにその人の日常生活を送る上で介護を必要とする度合い等により、介護保険を受けられるか詳細に規定があります。
 
第1号被保険者とは

65歳以上の人を第1号被保険者といい、介護保険の受給条件としては日常生活を一人で行うのが困難と判断された要介護認定、要支援認定を受けている人のことをいいます。
第2号被保険者とは

40歳~65歳未満で、医療保険に加入しているひとのこと。
介護保険の受給資格としては介護保険法に規定されている16種類(2009年現在)の特定疾病(主に原因が年齢によると思われる病気)を要因とした要介護認定、要支援認定を受けている人とされています。

 


介護保険サービスを受けられるひと

介護保険のサービスを受ける為には要介護者として認定される必要があります。家族や自分では介護や支援が必要だと思っていても、要介護の認定を受けれなければ介護保険のサービスを受けることはできません。

 
要介護とは

要介護とは日常生活を送るうえで、立ち上がることや歩くことが困難であったり、排泄や食事をする時に介助が必要、または寝たきりの人等、一人で生活するのが困難な人が認定される可能性があり、介護保険より介護給付を受けることができます。
要支援とは

65歳以上の人で、本来は介護及び支援共に必要がないと判断された人でも、特定検診等により今後一人での生活が困難になり、介護や支援を受ける可能性がある人が認定され、介護予防サービス(地域支援事業)を受けることができます。

 


サービスを受けるために


要介護、要支援を認定された人は、実際に介護保険よりサービスを受けることができるようになります。では、受けるサービスはどのように決められるのでしょうか。


介護保険では自分で利用するサービスを決めることができますが、一般的には介護支援専門員(ケアマネージャー)の作成した介護サービス計画(ケアプラン)を基に、どのようなサービスを利用するのか相談して決めることが多いです。

 


札幌デイサービスアクア
札幌 デイサービス 体験
 
札幌 デイサービス 体験